暑い日差しから肉球を守る!
『AVANCE(アヴァンス)』で愛犬の肌を徹底ケア!

【犬を飼う準備編】どんな子犬を選ぶ?~子犬の間違わない選び方とポイント

chouchou

わんこを飼いたい!と思い立ち、さて、どんな子にしようか?となりました。 今まで買ったことがある経験者、全くの初心者によって多少違ってきますがポイントとしては以下のようなことがあります。

スポンサーリンク

大型犬にする?小型犬にする?

単純に大型犬は「大きい」ので子犬の時は大丈夫でも成犬になったとき「抱っこしてあげられるかな?」というのがありますね。大型犬を室内で飼うことも出来るので庭がない、というのは心配いりません。ただしこれは持ち家の場合です。貸家ならペットOKのところでなくてはいけません。 そうなると、初心者には小型犬の方が飼いやすいかもしれません。 ただし、小型犬でも元気いっぱいの子もいますから、小型犬=楽ちん、というわけではありません。

毛の長い子にする?短い子にする?

これはやっぱり、短い毛の子のほうが毎日の手入れは楽ちんです。また、毛の抜けやすい犬種、抜けにくい犬種もあるのでそこも参考にしてみてください。毛の抜け替わる季節はかなり毛が散乱しますよ(汗)これは抜け毛の少ない子もある程度あることなので毛の長い子や、抜け毛の多い子などは覚悟してください♪

♂にする?♀にする?

これは「繁殖させるか?」とか「好みの問題」もありますよね。ただ、♂の方が元気で力も強いです。♀は優しい感じはありますよ。初心者には♀の方がいいという意見もありますが、個犬差もありそうなのでお好きな方でよいのかも? 流行や衝動買いで買うことは避けて、信頼できる所で購入することをおススメします。

また、子犬は生後7週間は親や兄弟と過ごすことが推奨されているので、少なくとも2か月くらい~の子犬を選ぶことをおススメします。

ただ、最近では「小さい方が可愛いので売れやすい」という理由で1か月半とか月齢の小さい子犬も多く、販売時期に関しては問題視もされています。

ドッグオーナーズハンドブック 愛犬と幸せに暮らす本

トップへ戻る