犬の成長過程とやるべきこと(老犬期)10歳~


いわゆる「シニア犬」は一般的に小型犬や中型犬では7~8歳、大型犬で5~6歳からがシニアドッグ(高齢犬・老犬)だといわれています。このころからはフードの変更や健康に気を付けてあげることが大事になってきます。

例えば、犬の10歳は人間でいえば56歳(大型犬は75歳)と言われています。
このように、大型犬の方が年齢としては老化が早いようです。(個犬差はあります)

[参考]動物病院専用ペットフード|症状別食事療法食(犬・猫)

高齢犬との生活におけるお悩み、症状に合わせた商品なら「ペットベリー」

我が家にやってきた頃は小さくてころころしていた愛犬も、いつかは高齢犬・老犬となります。
それは人間の数倍という早いスピードで訪れてしまいます。
高齢犬との生活について知っておくことは、愛犬とあなたとの健やかな高齢期を送るためにとても重要です。
高齢犬特有のサインを見逃さないよう、愛犬をよく観察しましょう。
一般的に小型犬や中型犬では7~8歳、大型犬で5~6歳からがシニアドッグ(高齢犬・老犬)だといわれています。

♥新規会員登録で300ポイントプレゼント♥
老犬・高齢犬に向けたドッグフード、高齢犬の介護用品、犬の車椅子など、幅広い犬用品、猫用品、小動物用品を取り扱う通販ショップペットベリー



【参考】幸せなシニアライフのために
icon

犬の成長過程とやるべきこと(幼犬・子犬期)~1歳まで

犬の成長過程とやるべきこと(若犬期)1歳~4歳

犬の成長過程とやるべきこと(成犬期)4歳~9歳

トップへ戻る