【ペット保険は加入する必要がある?】ペット保険の必要性と基本情報

7/31までの特集!


ペットのけがや病気による出費に備える「ペット保険」。ペットの寿命が確実に延び、獣医師の治療を受ける機会も増えています。そんな環境の中、ペット保険に加入すべきか迷っていますか?あなたはどうしますか?

ペット保険とは?

ペットには公的医療制度がなく、基本的には全額飼い主負担となる自由診療なのです。しかも、動物病院によって金額は様々です。検査も人間並みに行われます。医療技術は高度化進歩しているため、高度な医療を行うならば検査費用は高額になっていくということです。

こうした医療費を補うのが「ペット保険」です。
保険スクエアbang!/ペット保険資料一括請求

ペット保険は任意です

例えば自動車を購入したとき、自賠責保険(俗に「強制保険」とも呼ばれ、自動車やバイクを運転する時に、法律で加入することが義務付けられている(強制されている)保険)と任意保険(加入の義務はない保険)というのがありますが、「ペット保険」は後者です。何か事故にあったときに備えるための自分のための保険です。

ですから、極端に言えば加入しない、という選択肢もあります。自分で毎月「ペットが病気になったときのために必要と思われる出費の分を積立てておく」という方法でもOKです。保険に加入していないので病院の診療費は100%負担となりますが、毎月支払う保険料は必要ないためその分を診療代に充てればいいのです。元気な子なら年間数えるほどしか病院にお世話にならずに済みますから、もしかしたら保険料を支払うより診察代を100%負担するほうが、出費はかからない可能性もありますよね?

ペット保険加入は7歳くらいまでに決断しよう

年齢が若いころは病気に縁がなかった子でも、シニアになってくるにつれてやはり何かしら獣医師さんのお世話になってくることも増えてくると思われます。ペット保険の加入年齢も上限がありますから、それまでに加入するかしないかを決断することが重要です。

シニアになるにつれ、病気やけがのリスクは高まります。ペットは「家族の一員」です。あなたの環境にあった方法で「家族の一員」であるペットを守ってあげましょう。

各社比較できます⇒保険スクエアbang!/ペット保険資料一括請求

医療費だけじゃない 加入によるメリット

また、加入しておくことで、医療費の補償以外にも次のようなメリットがある。

・自分のペットが他人にケガをさせてしまったり、他人の物を壊してしまったりした際のトラブルに関する賠償補償
・ペットが死亡したときに発生する、火葬等の費用の補償
・事故や病気などによって、ペット用の車椅子が必要になった際の補償

このように、人間の保険と同様、組み合わせる特約やオプションによって、安心できる補償が受けられる。

日本はペット保険の未加入率が欧米と比較して低いといわれている。しかし、愛猫や愛犬に治療や手術などが必要になったとき、医療費が原因であきらめてしまうのを避けるためにも、ペット保険加入の検討をおすすめする。
(こちらの記事はORICON NEWSより引用しています)

トップへ戻る